スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスターDSのはなし。

正直ラブプラだのポケモンだのやった後では、
というか現在進行中でやってる中でこのソフトにはなんら期待してなかった。
PSPのストーリーモードが個人的にはイマイチだったし、
そもそもアイマスにそういうのは求めるもんじゃないって勝手に決め付けてたのもあるかもしれない。
ただアイマスだから予約して、とりあえず軽く触ってみて、
果たして3キャラクリアするのはいつになるかなーとか思いながら
そのうち積んでしまうみたいな光景をありありと思い描いていて、
それがミッシングムーンを未だに未開封な自分には非常にリアルな未来のように感じられていた訳ですけれども。

完敗でした。

ごめんなさいボクが悪かったです許してくださいすいませんマジで。
涼ルートしかクリアしてないけどぶっちゃけ前シリーズのどのキャラのストーリーよりも面白かった。
いやほら、アイマスの世界って芸能界を題材にしてる割にはキレイキレイな世界じゃないですか。
皆仲良しこよしで悪い奴がいなくて、
黒井社長みたいなのはいたけどあれも絶対悪みたいな描かれかただったでしょ?
765プロとは単に方針が違うってだけでああいう芸能活動もありだっていう話の持っていきかたもあっただろうに、
結果としてSPは単なる新キャラ二人のお披露目会みたいになってライバル事務所の存在もなんか有耶無耶になってもうわけがわからない感じになりましたよね。
それがDSのストーリーではテレビ局の圧力あり、ライバルアイドルの嫌らしい妨害あり、
同期の仲間との衝突ありの非常にドラマチックな、テンプレート的ではありながらもシビアな芸能界の世界になっていて。
そしてそのどれもが非常にアイマスらしい手法でスカッと解決されている。

そうなんだよ俺が見たかったのはこういうのなんだよ。
アイマス的なぬるさを業界の暗い部分を前にしてつらぬき通せるかというか。
結果として両方同じ甘ったるい話になるにしても、表向きのキラキラしたものばかりじゃない、
汚い芸能界の姿を見せない世界ってどうしても嘘くささが先にたってしまいう。
コーヒーの苦味成分を完全に取り除いてそれに砂糖とミルクをしこたま入れたような。
そりゃ普通に作ったミルクコーヒーの方が口当たりはいいわなって話。
うーんわかりにくい。

あとこれまでのアイマスの世界ってすごく狭いというか限定的でしたよね。
物語に登場するのは基本的にプロデューサーと担当アイドルだけで、社長とピヨちゃんもろくにストーリーに絡んでこない。
SPはライバルアイドルなんかも出てきましたけどあれもほとんどプロデューサーとライバルアイドルの一対一みたいな感じでしたし。
一方DSは社長、フリーのプロデューサー、マネージャー、同期の仲間、765プロの面々にその他大勢がそれぞれに大きな役割を持って物語に登場してくる。
特に765プロアイドルの登場の仕方なんかアイマスシリーズ好きならニヤニヤが止まらない凄い良い演出で出てきたりする。
色々な人と触れ合って何かを学び取ったり、出会いや別れを成長に変えるっていうのは今までのアイマスになかった、というか出来なかった部分だと思います。
もとがアーケードゲーム用にかかれたシナリオなんで仕方ないところなんでしょうけど。

さらに話の本筋なんですけど、
自分は最初ほぼ間違いなく涼は「ファンが見たい夢を見せる、それがアイドルだ!!」って感じに変な達観を経て女の子としてアイドルを続けていくと思っていました。
今までのシリーズからみるとこの予想はそんなに的外れなものでもないと思うんですけど。
実際律子は劇中でそうするように提案しているわけですし。
けど涼は俺が思っているよりずっと立派でかっこよくて、
発売前に外面だけ見て男の娘キターしていた自分を殴りたくなりましたね。
なんつうか「男の子が女の世界でアイドルになって頂点をめざす!」という馬鹿げた荒唐無稽な話を実に見事に成長ストーリーに仕上げているんですね。
最初は振り回されるばかりだった主人公が色んな人との出会いと別れを繰り返し、
同期の仲間やライバルとの戦いを繰り広げるごとに迷い成長し自分の本来の夢を見つめ、
その夢を叶えるために、自分を支えてくれた人達の願いを胸に鋼の意思をもって全てを敵にまわす闘いに赴く。
いいですね。
少女漫画というより少年漫画の王道です。大好物です。
前述のとおり涼の話しかプレイしていないんですけど愛にしても絵里にしても
「大きすぎる母に対するコンプレックス」「人前に出れないジレンマを抱えている」
というおいしすぎる素材なんでこの2キャラも楽しみです。

DSだからグラがアレだとか、
ゲーム性が薄そうとか、
男の娘とかねーよとか結構従来のファンでもスルーしてる人も多いみたいですけど、
本当に面白いアイマスのアナザーストーリーになってます。
旧キャラじゃできない、新キャラだからこその身軽さというか自由さをひしひしと感じます。
キャラクターに特別愛着を持っていなかったり、そもそもアイマスシリーズやったことないみたいな人達に到底薦めれるものではないですけど、
逆に言えばそれらの条件を満たしている人ならば絶対にプレイして損はない作品だと思います。

長々と語っちゃったけど、やっぱり俺アイマス大好きでしたって話。
プロフィール

傭兵

Author:傭兵
■絵を描きます。

個人的なメールはこちら
mercenaryp765◇gmail.com
(◇)を@に変えなければダメだぞ


twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。