スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■たまにの更新もゲームの話。
ゼノブレイド。
話のつながりは無いが、かのゼノギアスの血統を受け継ぐモノリスソフトの新作。
やりたいなぁ、けどRPGあんまり好きじゃないんだよなぁ、時間もないしなぁ、Wiiだしなぁとか散々迷ったが、
下村&光田がサウンドやっててサントラまで付くってなもんでホイホイ購入。
期待しすぎてガッカリするのも嫌なんでダメで元々の精神でプレイしてみたが。

ヤバイですわこれェ・・・。
始めは訳のわからない戦闘システムと広すぎるマップに右往左往しながら戸惑ってばかりだが、
理解してくると加速度的に深みと面白さを増す戦闘に、RPGにありがちな面倒な要素を大胆に削り取ったインターフェイス。
この二つの要素が「快適なんだけど、簡単ではない」っていう神がかり的なバランスを保って共存している。
急いでいる時は敵なんかスルーしていいし、かなり多めに設定してあるワープポイントのおかげで移動は楽々。
次の目的地なんかもガイドがついてて最初っから迷わないし非戦闘状態だとHPもガンガン回復していく。
ただのRPGにこんな便利機能が付いてるだけならもれなくヌルゲーだが、いざ戦闘に入るとゲームは一気に複雑になる。
位置取りを気にして、仲間に指示を出して、アーツを選択して、未来視に対応して・・・と序盤は混乱すること間違いなしのシステムの多さだがこれがまた慣れてくるとすんごい面白い。
敵によって対応が全く変わったり戦闘中突発的に起こるキズナアクションとか、まぁ色々あるんだけど、
やっぱり特筆すべきはボスの特殊な攻撃を事前に予知して未来を変えていく未来視システム。
ともすれば作業になりがちなボス戦なんかもこれの所為で一気に緊張感を増す。
戦闘中の回復行動はかなり弱いので対応をミスるとそこから一瞬で崩されるなんてザラにある。
感覚としてはむしろ戦略ゲームっていってもいいくらい考えることが多い。
RPGの戦闘なんてAボタン連打で済むくらいが丁度いいんだよ!ってな人には全くオススメ出来ないが。
まだシナリオ的にはゼノギアスで言うところの村が燃やされて最初の森の恐竜倒したよってくらいにしか進んでないと思うけど、本当に久しぶりに、もしかしたら初めて心の底からRPGが面白いって思えてる。
これ仕事が無かったら狂ったようにやってすぐクリアしちゃってたんだろうなぁと思うと残念なようなありがたいような。
まぁ一日1時間くらい、マッタリ進めていこうと思います、まる

>>kanaiさん
ありがとうございます!声かけてもらえたらもれなく喜びます。
ブレイクはなんかもう一周して面白い気がしてきたけどやっぱり気のせいでした。
プロフィール

傭兵

Author:傭兵
■絵を描きます。

個人的なメールはこちら
mercenaryp765◇gmail.com
(◇)を@に変えなければダメだぞ


twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。